自分で試していいものを薦める?

アフィリエイトは『自分で試していいものを薦める』のがいいよ。と言う話をいたるところで聞きます。
まあ、ある一面ではそうです。

が。。

私から言わせると、
なにをあまっちょろいこと言ってるの?
といいたいです。

あ、でも、悪いものをうそついて薦めるって意味じゃないですよ。そこは履き違えないでください。

自分で試していいもの
ってなると、自分と同じ属性の人以外にものは売れません。

わかります?

自分が男の場合。
女性向け商品でいいものなんかありません。
私は、クレンジングや美白化粧品も取り扱ってますが、
化粧をしませんのでクレンジングも使うことはないんで、いいもの、悪いものの判断はできませんし、もちろん、美白化粧品も必要ありません。

当然です。

情報商材なんかでも同じことが言えます。

アフィリエイトの商材でいいものがあったとして、自分のレベルが上級者の場合に、この○○おすすめだよ。
と薦めても、初心者には使いこなせないことがほとんどでしょう。
その逆もいえます。

極端な話、私の場合だと、情報商材アフィリエイターの薦める商品でいいもの、よかったと思えるものを見たことがありません。(知らない内容がほとんどないのと、作者のレベルが私よりあきらかに下のものばかり)

それでも、『自分にあったいいものを薦める』って言うのがいいとおもいます?

これって、自分の商圏を狭めてるだけでなく、ユーザに間違った商品を薦めることになるんです。

なので、アフィリエイトは、
『自分にあったいいものを薦める』
のではなくて、
『お客さん・読者さんにあったいいものを薦める』
のが正解です。

あなたには不要・意味のないものでも、別の人からみたらのどから手が出るほど探してるものかもしれません。
ここを間違えると、商品は売りにくいですしつらいですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る