低い順位でコンバージョンを得る方法

アフィリエイトに限らず、SEOを使った集客では、1位と2位のコンバージョンは大きく違います。
ビックワードであればあるほど、サイトの作りこみもしっかりしている傾向がありますので、1位のサイトを見るだけでユーザの満足する情報があることが多く、それ以下のサイトへ行く必要がなくなるわけです。

なので、検索順位が11位以下のような場合は、ほとんどコンバージョンを得ることが出来ません。

自分で検索するときに置き換えてみるとわかると思います。

たとえば、

カメラを買おうと思ったとき、
ネットやオフラインで自分に合ったカメラが見つかった(型番を見つけた)とします。

そしたら、
型番+最安値
型番+価格
型番+価格com

のように一番安いところで買おうと思います(私はですが・・・)

そしたら、このキーワードに関して言えば、2ページ目の情報とかは必要ないってのは、ちょっと考えればわかることです。

もちろん、キーワードによって違いもありますが、この傾向の強いキーワードは多いです。

では、逆に、検索順位は低くても売る方法もあるんです。
どんなキーワードでもということではありませんが、ある特定のキーワード(ユーザが情報を探してる場合などがその傾向が強い)に関して、自分のサイトが2ページ目にあるという場合に、上位のサイトのコンテンツにないコンテンツを自分のサイトに入れることで、ユーザは目新しさを感じ、広告へ誘導できる可能性があるんです。
違うコンテンツというのは、いろんなパターンがあるんですが、例を挙げると、

ランキングサイトの場合であれば、
ほかのサイトとまったく違う商品を紹介する。
とか、
口コミ系であれば、
画像をつかってレビューしてみる(ほかのサイトがしてなけい場合は特に)
とかで差をつけることでコンバージョン率が多きく上がります。

これも、自分のサイトに流れてくるユーザの心理をしっかり想像するということなんです。
上位のサイトですでに見た商品、同じようなレビューををみてコンバージョンしないってことなんですよね。

自分のサイトでコンバージョンする(購入にいたる)意味をしっかり把握しないとだめってことです。
(順位が上がれば、またサイト内容をかんがえないとパフォーマンスが悪くなることもありますよ)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る